<<TOPに戻る
 2022年の出来事、ニュースをお伝えします!

 

●2008年のニュース ●2009年のニュース ●2010年のニュース ●2011年のニュース ●2012年のニュース ●2013年のニュース
●2014年のニュース ●2015年のニュース ●2016年のニュース ●2017年のニュース ●2018年のニュース ●2019年のニュース
●2020年のニュース ●2021年のニュース
 
 ●2022年7月1日 更新
7月1日 鮎解禁日状況

10時現在、6月27日の大洪水影響で(30日もゲリラ豪雨で濁った)
川の状況が良くなく、釣り人は陸にいますが川に入っている方は皆無の状況です。
漁協付近で水温18℃と低く、濁りはありませんが水量は多い感じとなっています。

気温は今日27℃、明日29℃、3日〜5日30℃と、その後も夏日予想で、
梅雨も明け。夏らしい季節になるようです。

水位も目に見え下がっており、すぐに水垢も付くと思われるので釣果に期待してください。

 

 

 
 ●2022年6月28日 更新
6月27日 大増水しました

6月27日未明から降り続いた雨が徐々に強くなり、日中も断続的に強い雨が降り続いた結果小国川が増水し続け、
18時頃には十二河原のサイクリングロードまで水がきていました。
しかし、翌28日10時頃は1mほど減水しており、徐々に水位が下がっていくのが確認できました。

ところで皆さんお待ちかねの7月1日の鮎解禁ですが、1日までには水も澄み
水位も平常に戻るので入川は可能かとかと思います。
ただし、水垢が全て流されたので鮎が釣れるかというと厳しいものがあるかと思います。
2日〜3日待てば石垢も付き始めるかと思うので楽しみにしていてください。

 

 

 
 ●2022年6月28日 更新
令和4年度 鮎の調査釣りを行いました

6月25日、6支部(赤倉、向町、大堀、瀬見、長沢、舟形)29名より鮎の調査釣りを実施しました。
釣果は各支部1尾〜2尾とほとんど釣れない結果となりました。
釣れなかった要因としては、前日の雨で水温も低く40cmほど増水し、
若干の濁りとゴミが流れるような悪条件であったことや
昨年と比較すると天然遡上がかなり遅かったこと(昨年6月2日富田堰堤鮎確認今年6月19日長沢堰堤鮎確認)
などが考えられるところです。

群れ鮎は見えていたので今後に期待したいと思います。

◆調査釣り結果 集計表
(※クリックでPDFが開きます)



 
 ●2022年6月27日 更新
6月16日小学生がサクラマスを放流しました

6月16日、最上町の向町小学校3年生41名によるサクラマスの放流体験を行いました。
放流は小学校近くを流れる絹出川(小国川支流)で行いました。
放流したサクラマスは遊佐町にある内水面水産センターで育てた稚魚です。
この日は、絹出川含め約25,000万尾のサクラマスを放流しました。
放流は20日と21日も行い、総数で約38,300尾の放流を予定しました。
サクラマスは、約3年の寿命のうち、川で約2年、海で約1年暮らし、大きくなって小国川に戻ってくるようです。

 

 

 
 ●2022年6月27日 更新
第3回最上小国川鮎釣り甲子園大会

本年も、鮎釣り甲子園大会を開催いたします。

詳細は以下をクリックしてご覧ください。 ※PDFで開きます

第3回鮎釣り甲子園大会


【最上小国川清流未来振興機構 URL】
https://seiryu-mogamiogunigawa.jp/752/

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 
 ●2022年6月22日 更新
6月14日鮎の放流が終了しました

5月26日からスタートした鮎の放流が6月14日無事終了しました。
当初の予定どおり赤倉温泉から富長橋下流の37箇所に約52万尾の鮎を放流しました。
最終日の河川の状況は、2日前の雨影響で水量は若干高く、水温は13℃と低いようでした。
天然遡上鮎は、13日に下流域でハミアトが確認できましたが、固まりの鮎は未確認のままとなっています。

◆放流場所別の放流数量はこちらをクリックしてご確認ください。

 
 ●2022年6月10日 更新
モクズカニを放流しました

6月8日、県栽培漁業センターが養殖したモクズカニ1,000尾を、

小国川本流及び支流の8箇所に放流しました。

放流したモクズカニは、甲羅の大きさで1cm前後の子供のカニです。

大きく育つまで3〜4年脱皮を繰り返し、親カニになり秋ごろ海まで下り

幼生のカニを放出するということです。

稚カニが無事育ち、海まで下ることを祈りさよならしました。

モクズカニ  モクズカニ放流1

モクズカニ放流2  モクズカニ放流3

 
 ●2022年6月9日 更新
カモメが漁協に飛んで来ました

6月7日、鮎を飼育している屋外水槽にカモメがやって来ました。
カモメが来たということは天然遡上鮎と一緒にやって来たことが考えられます。
漁協では、6月1日から長沢堰堤の魚道で天然遡上鮎の調査を行っていますが7日時点確認できておりません。
というのも、1日に大雨が降り翌日増水し濁ったこと、
さらに6日も大雨で濁り目視の確認が厳しかったことがあります。
ちなみに昨年は6月1日に遡上の確認をしています。
25日に調査釣りを行うので天然鮎に期待しているところです。

カモメですが、防鳥ネットの周辺をしばらく観察して、
何とか入り込み鮎を食べようと様子を伺っていましたが、
無理とわかり悲しい目でどこかに飛んでいきました。

今後、遡上鮎の撮影ができましたらお知らせします!

カモメ飛来

 
 ●2022年6月7日 更新
第7回 最上小国川写真コンテスト開催!

本年も、例年通り写真コンテストを開催いたします。

詳細は以下をクリックしてご覧ください。 ※PDFで開きます

第7回最上小国川写真コンテスト


今回も、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

 
 ●2022年6月1日 更新
5月26日から鮎の放流が始まりました

3月1日から飼育した約1gの仔鮎は
約2ヶ月半で7g前後に育ち放流時期を迎えました。
この日は第1回目の放流で舟形小学校2年生の児童30人にも手伝っていただきました。

放流は今後6月14日まで10回、最上町赤倉から舟形町富田までの
37箇所に約52万尾を予定しております。
なお、この日の水温は18℃で3日程前から代掻きの濁りも無くなり
放流のコンディションとしては上々となりました。
ちなみに、現時点天然遡上鮎の確認はまだできておりません。
遡上が確認されましたら、またこちらで報告したいと思います。

鮎の様子

放流の様子  現在の川の様子

 
 ●2022年6月1日 更新
ウグイの産卵場所を作りました

小国川漁協では、ウグイを増やすため小国川の9箇所にウグイの産卵場所を作っています。

産卵場所を「マヘ」と呼んでいますが、ウグイが好む産卵場所にするため、

水の流れや小砂利の床の工夫など長年の勘と技が必要となり

近年では、マヘを作れる方が少なくなってきています。

ウグイマヘ1
ウグイマヘ2  ウグイマヘ3

 
 ●2022年5月24日 更新
小国川のゴミ拾いを行いました

5月12日(木)小国川漁協、最上小国川清流未来振興機構及び

山形県最上建設業協会最上支部による小国川の清掃作業を行いました。

小国川の環境美化とイメージアップを図るため

「最上小国川集中クリーンアップ大作戦」と銘打って2019年から実施している事業です。

建設業協会の方を中心に総勢約70名が赤倉温泉から富長橋まで約40kmの区間のゴミ拾いを行いました。

ペットボトル、ドリンク缶及びビニール袋など880kgのゴミを拾いました。

釣り人の皆さんは建設業協会の方々に感謝してきれいな川で釣りを楽しんでください。

参加してくださった皆様
ゴミ拾いの様子1  ゴミ拾いの様子2

 
 ●2022年5月6日 更新
鮎を屋内の水槽から屋外の水槽に引越しました

小国川漁協の管理施設には、屋内に4つ屋外に4つの水槽があります。
3月1日から養殖事業が始まっていますが、その時点屋外水槽にはまだ沢山の雪があり
屋外での養殖が厳しい状態であったことから、全ての鮎を屋内水槽で育ててきたところです。
雪も消え暖かくなり屋外の環境も良くなってきたと、
また、屋内で育てた鮎も大きくなり水槽が手狭になってきたことから、
4月23日屋外水槽に鮎を引越しました。

今後屋内水槽の鮎の半分程度を屋外水槽に移すこととしております。
引越しはサイホンの原理を活用し、ホースで屋内水槽から屋外水槽へ水と一緒に鮎を流す方法です。
機械で餌を撒き鮎を集めると、ホースの先から水と一緒に吸い込まれ
毎分800尾ほど引越して行きました(この日は1つの水槽で約7万尾引越し)。

引っ越し1 引っ越し2
引っ越し3

 
 ●2022年4月22日 更新
屋外の水槽に防鳥用のネットを張りました

小国川漁協周辺の雪も4月8日ごろにようやく消え、

屋外の鮎養殖の水槽も使えるようになりました。

現在、屋内で育てられている鮎は日増しに大きくなり水槽が込み合ってきたため、

近々半分程度の鮎を屋外の水槽に引っ越すこととしております。

そのため、折角育てた鮎を鳥に食べられないよう、4月15日屋外の水槽全体を囲うようにネットを張りました。

水槽1 水槽2

 
 ●2022年4月6日 更新
養殖鮎が順調に育っています

小国川漁協の管理施設で育てられている放流用の鮎は、

3月1日から飼育を開始し1ヶ月となり、約1gだった仔鮎は3倍まで成長しています。

1箇月前は「これ鮎?」という感じでしたが、今では明らかに鮎とわかる立派な姿となり順調に育っています。

漁協の周囲には15cm程の雪が残っていますが、施設内の水槽で元気に餌を食べ泳いでいます。

養殖1 養殖2

 
 ●2022年4月6日 更新
渓流釣りが解禁されました

4月1日(金)県内の渓流釣りが一斉に解禁されました。
解禁当日の様子は、小国川支流の最上白川、絹出川及び大横川などで
釣り人がちらほら見受けられましたが、3名ほどに釣果の状況を聞いたところ、
まったく釣れないということでした。
4月2日は土曜日ということもあり、前日より多少釣り人が増えておりましたが依然釣果は芳しくないようでした。

河川の状況は、水は澄んできれいですが雪解けにより水量が多い状況となっています。
また、里にも雪が残っており水温も低い状況となっているようです。
今後、雪が消え暖かくなってくれば、川虫などの活性も良くなり連動して魚の活性も上向くと思うのでご期待ください。
なお、苦労して釣った魚であっても15cm以下は持ち帰らずリリースするようお願いします。

渓流釣り1 渓流釣り2

渓流釣り3 渓流釣り4

以下「渓流釣りの注意について」もご確認ください。
●渓流釣りの注意について

 
 ●2022年3月26日 更新
ヤマメ、イワナの釣りが解禁となります

4月1日(金)、渓流アングラーの皆さんが待ちわびたヤマメ、
イワナ及びニジマスの釣りが解禁日を迎えます。
しかし、3月24日現在最上町で約70cmの積雪があり、
除雪をしていないところでは釣り場まで向かうのが厳しい状況となっているようです。

そのため河川でも雪があるため、くれぐれも雪崩や雪に足を取られ川などで
転倒する事のないよう細心の注意を払い釣行されるようお願いします。
添付の写真は3月23日に撮影した最上白川に架かる
法田橋(ほうでんばし)の上流及び下流の風景となります。

法田橋1 法田2

以下「渓流釣りの注意について」もご確認ください。
●渓流釣りの注意について

 
 ●2022年3月8日 更新
舟形町の保育園児がサケの放流体験を行いました

3月7日(月)舟形町のほほえみ保育園児31名が、サケの放流を体験しました。
放流したサケは令和3年10月25日〜11月7日にかけ、
小国川に遡上してきたサケを捕獲し管理施設でふ化させたサケです。

すでに放流は令和4年2月18日から実施しており、これまで53万尾を放流しました。
今回の保育園児の放流で最後となり、約6cmに成長したサケ5万尾が管理施設を後にしました。
放流したサケは海洋で成長し3〜4年後に小国川に戻ってきますが、
小国川への回帰率は0.5%といわれおり、サケにとっては厳しい旅立ちとなっています。

放流のようす1 放流のようす2

 
 ●2022年3月3日 更新
鮎の養殖が始まりました

3月1日現在、小国川漁協周辺の積雪量は約120cmとなっていますが、
管理施設で鮎の養殖事業をスタートしました。
養殖する鮎は、秋に小国川漁協はじめ県内各漁協が
鶴岡市三瀬の県栽培漁業センターに提供した親鮎から
採卵・ふ化させた仔鮎です。

この日漁協は、2トントラック2台に水槽を積み約6万尾の仔鮎を運びました。
今月中旬まで昨年同様55万尾を池入れし育て、
5月中旬に現在約1g(約5cm)の仔鮎を約7g(10cm)まで
成長させ放流することとしています。


養殖事業1 養殖事業2
養殖事業3 養殖事業4
養殖された鮎