<<TOPに戻る
 2021年の出来事、ニュースをお伝えします!

 

●2008年のニュース ●2009年のニュース ●2010年のニュース ●2011年のニュース ●2012年のニュース ●2013年のニュース
●2014年のニュース ●2015年のニュース ●2016年のニュース ●2017年のニュース ●2018年のニュース ●2019年のニュース
●2020年のニュース
 
 ●2021年9月14日 更新
ご好評につきドライブスルー第2弾・開催決定!

9月23日(木)、24日(金)、25日(土)の3日間、10時〜15時の間
鮎・鮎料理のドライブスルー販売・第2弾が開催決定しました!

小国川漁業稚鮎センターでは真空冷凍の「生鮎」を、
レストラン ラテール舟形では「鮎とマッシュルーム天丼」を
販売いたします。

詳細は以下画像をご覧ください。 ※クリックすると拡大されます

ドライブスルー第2弾開催決定!


■小国川漁協 稚鮎センター("生鮎"をお求めの方はこちらへ)
真空冷凍 生鮎
旧13号線から曲がり、光生園さん手前を左に曲がってください。

住所:最上郡舟形町舟形4723
TEL:0233-32-2892 (※事前予約可 平日9時〜16時受付)


■レストラン ラテール舟形("鮎とマッシュルーム天丼"をお求めの方)
鮎とマッシュルーム天丼
若あゆ温泉に向かって進み、その手前を右折してください。
あゆっこ村キャンプ場の管理棟となります。

住所:最上郡舟形町長沢8067
TEL:070-7562-0075(※事前予約可)
※カーナビでお越しの場合は、「0233-32-3655」の電話番号で検索してください。

 
 ●2021年9月1日 更新
周年網禁止区域以外の禁漁区が解禁となりました

9月1日一部網禁止となっていた区域が周年網禁止区域を除き解禁となりました。

河川の状況はお盆前に待望の雨があり鮎の釣果を期待していたところですが、

8月末になっても一向に上向かず厳しい状況が続いております。

片腹に卵も入り始め鮎のサイズは大きくなったものの釣果的には二桁釣れれば上々のようです。

釣れる期間も少なくなってきましたが、大物狙いで来ていただければと思います。

当時の様子1 当時の様子2

 
 ●2021年8月20日 更新
「鮎ごはん」と「鮎おこわ」を販売いたします!

※終了しました。

鮎ごはん・鮎おこわ予約販売
※クリックするとPDFが開きます


若鮎まつりで行列が長い店!
今年も「鮎ごはん」「鮎おこわ」を予約販売いたします。

●鮎ごはん      250g 400 円
●鮎おこわ(もち米)250g 600 円

※終了しました。


舟形町農林漁業体験実習館
(9:00 〜 17:00 毎週水曜日休館)

 
 ●2021年8月14日 更新
待望の雨が降りました

9日夜半から10日午前かけ降り続いた雨により、渇水状態にあった小国川は久々に増水しました。

連日酷暑にさらされバテ気味だった鮎もこれで元気を取り戻すかと思います。

12日現在、一の関大橋付近で20cm程度の増水で徐々に水位が下がっています。

今回の雨で川がリセットされた状態になったと思うので、

網の禁漁区以外の場所でも以前のように釣りが楽しめるかと思います。

石垢は見たところ残っているようなので、今後水温が上がるのを期待したいところです。

 
 ●2021年8月6日 更新
遊漁規則改正のお知らせ

※令和4年4月1日より、遊漁規則改正となります。ご確認をお願いいたします。

第五種共同漁業権遊漁規則改正新旧対照表
※クリックで拡大(※PDFが開きます)

 
 ●2021年8月5日 更新
連日猛暑で鮎も釣り人もバテ気味です

8月に入り猛暑が連日続いております。

河川の水量も減り続け、そのため水温も上昇しており鮎も以前のような元気がなくなっているようです。

そろそろ雨がほしいところですが、天候は当分晴れ。
今のところ7日(土)〜9日(月)に雨の予報があるので期待したいところです。

鮎釣りとしては、網の禁漁区がメインとなると思いますが、河川渇水のため泳がせて遊び鮎を釣るような状況となっているようです。

当時の様子1 当時の様子2 当時の様子3
当時の様子4 当時の様子5





 
 ●2021年7月29日 更新
小国川鮭調査釣り参加者募集について

今年度のサケ調査釣りは山形県内在住者の方のみで開催する事となりました。

山形県にお住まいの方へ、小国川鮭調査釣り参加者募集(有効利用釣獲調査)の
参加者を募集いたします。

詳しくはこちらの内容をご確認ください。

2021年鮭調査釣りについて
※クリックするとPDFが開きます


◆小国川へ釣りに来られる皆様へ

小国川で釣りをされる皆様には、新型コロナウイルス感染症拡大の防止に向け、
下記の「新しい生活様式」の実践にご協力いただき、釣りを楽しんでいただきますようお願いします。

新型コロナウイルス対策・新しい生活様式
※クリックするとPDFが開きます

 
 ●2021年7月29日 更新
台風8号による河川の状況

台風8号による雨は、7月28日の夜から29日の午前まで続きましたが

29日12時現在一の関大橋付近で前日より15cm前後水量が増えました。

特に濁りもなく、台風による影響は水量が増えた以外確認できませんでした。

午後からは雨も上がり時々太陽も顔を見せるなど

釣り人も待ちかねていたように河川に入っておりました。

当時の様子1 当時の様子2
当時の様子3 当時の様子4



 
 ●2021年7月24日 更新
小国川の鮎も真夏日体験中!

小国川も連日30℃を超える日が続き、川の水量も日々減ってきている状況です。
しかし、鮎達は元気で餌を食んでおり、今のところ釣り自体に影響はなく、
むしろ減水した分鮎の密度が濃くなり、場所が良ければ数釣りも期待できそうです。

連日釣人の皆様が入り釣り上げるため、鮎のサイズも相変わらず18cm前後のようですが、
ポイント的には、水量が減り竿が入らないところがなくなったので、どこでも釣れると思いますが、
石が綺麗で鮎が確認でき、流れに変化のある場所をねらってみてはいかがでしょうか。

なお、8月1日に網漁が解禁となります。
網禁漁区間もありますので、
釣り人の皆様におかれましては、8月中も釣りを楽しんでいただければと思います。

川の様子


アユの釣果を動画でご覧いただけます。 ※音量にご注意ください。



 
 ●2021年7月16日 更新
釣り場のコンディションは良好です

11日〜14日まで上流で雨が降り濁りましたが

垢がとぶほどの水量ではなく15日からの天気予報も連日快晴で、

釣りのコンディションは良い状況となっています。

解禁当初、群れていたアユも散ってきているようです。

釣果としてはポイントをひろっていけば30尾位の釣果は期待できそうです。

(チャラ瀬がポイント)

大きさは18cm前後のアユが釣れており上流から下流までまんべんなく釣れているようです。

川の様子


アユの釣果を動画でご覧いただけます。 ※音量にご注意ください。



 
 ●2021年7月13日 更新
忘れ物をお預かりしております

●発見日 7/11(日) 6:00

●場 所 十二河原へリポート下流30メートル付近 にて

下記写真のお忘れ物を漁協でお預かりしております。心当たりのある方はご連絡下さい。

忘れ物1
忘れ物2 忘れ物3

電 話:0233-32-2892

メール:ogunigawa@ic-net.or.jp



 
 ●2021年7月11日 更新
ダイワ鮎マスターズ2021 東北大会は中止となりました

11日開催のダイワ鮎マスターズ2021 東北大会は、

最上地方での雷雨、大雨警報のため選手の安全を考え中止となりました。

写真は、11日午前10時の状況です。

当時の様子1 当時の様子2
当時の様子3 当時の様子4



 
 ●2021年7月10日 更新
18cm前後の鮎が釣れだしました

7月の鮎解禁以降、適度な雨量(濁るまで至らない)もあり川の状態は良くなっています。

それに伴い鮎も育ち18cm前後の鮎が釣れだし、中には20cmを超える鮎も混じるようになっています。

ポイントとしては深場よりチャラ瀬が釣れているようです。


明日「ダイワ鮎マスターズスタイル2021東北大会」があります。

川の状態が良いためハイレベルな戦いが予想されます。

大会の様子については後日お知らせします。

18cm前後の鮎が釣れだしました


 
 ●2021年7月1日 更新
アユ解禁日 当日の様子

【アユ解禁日 当日の様子をお伝えします】

◆上流域

天 候:気温22℃.水温18℃ 赤倉付近は風が強く、小雨模様
時 間:8時30分〜13時30分
釣り人:100名ほどの釣り人が入っていました
1番釣れた人で30尾 平均10〜15尾前後
大きさ:10cm〜18cm

◆下流域

天 候:気温25℃。水温21℃ 全体的に風が強く時々晴れ間が見え汗ばむ状況
時 間:9時00分〜11時00分
釣り人:80名ほどの釣り人が入っていました
    1番釣れた人で15尾 平均3〜5尾前後
大きさ:10cm〜15cm


どの場所も、群れているアユが多数みられます。雨が降り石アカの状態も良くなるとアユも大きく成長し、良い釣果が今後期待されそうです。

【各地域の様子はこちらをご覧ください!】
※写真コーナーをご用意しました。新しいタブで開きます



 
 ●2021年6月30日 更新
明日はいよいよアユの解禁日です!!

【明日はいよいよアユの解禁日です!!】

明日の最高気温22℃・曇りの予報で、まずまずの天候です。
本日6月30日の天候は、晴れ気温25℃水温20℃を超えています。(十二河原調べ)

川の状況は、梅雨になってもまとまった 雨に恵まれず平水より少ない状況です。
明日の解禁日を楽しみにしていた釣り人の皆さんも続々小国川へ集まってきている様子です。

また、当日の釣果など情報をHPに掲載いたします。


下の写真は、16:00十二河原のようすです。

十二河原の様子1 十二河原の様子2 十二河原の様子3


 
 ●2021年6月24日 更新
鮎 調査釣りを行いました

6月24日、小国川6箇所(舟形、長沢、瀬見、大堀、満沢、赤倉)で
それぞれ組合員3〜5人による鮎調査釣りを行いました。
天候は曇りで10時頃の気温は19℃。やや涼しい感じの状況でした。
河川の状況は6月上旬以降雨が無く渇水気味でしたが
6月19日の梅雨入りとともに雨が降り(増水・濁りまで至っていない)
コンディション的にはまずまずの状況となっています。

調査は9時頃から3時間程度実釣を行いました。
釣果は145尾(舟形12尾、長沢35尾、瀬見14尾、大堀40尾、満沢26尾、赤倉18尾)で
昨年の270尾と比較すると少ない結果となりました。

釣れた鮎のほとんどが放流鮎(16cm前後)で、天然鮎の遡上が例年より遅れて
確認されているためその遅れが釣果に影響しているのかも知れません。
群れて泳いでいる様子がまだ数多くみられるので、
今後育っていく鮎の釣果に期待したいと思います。

調査釣りの様子1 調査釣りの様子2

調査した鮎
調査した鮎の様子

◆調査釣り結果 集計表
(※クリックでPDFが開きます)



 
 ●2021年6月24日 更新
ヤマメ・サクラマスを放流しました

6月22・23日、ヤマメ3万尾サクラマス3万尾計6万尾を赤倉周辺、

支流の絹出川及び白川堰堤の上下流域に放流しました。

絹出川では県の魚でもあるサクラマスを放流体験学習として

地元向町小学校の3年生が放流しました。

更に7月6日には、委託されているサクラマス38,200尾の放流を予定しています。

放流の様子1 放流の様子2
向町小学校3年生による放流の様子です

※釣り人の皆さんにお願いです。
放流ヤマメは警戒心ゼロのためよく釣れます。
まだまだリリースサイズですので、釣れた場合はリリースにご協力お願いします。

放流の様子3
放流された様子(※クリックで拡大すると大きくご覧いただけます)



 
 ●2021年6月22日 更新
鮎の放流が終了しました

予定どおり5月25日(火)から6月9日(水)まで、

37ヶ所へ4000kgの稚鮎を放流しました。

放流最終日の6月9日は、小国川の水温も18℃となり、

鮎の餌となるコケの着き具合も良好ですくすく育つ環境が整ってきました。

7月1日の解禁日をご期待ください。

◆放流場所別の放流尾数はこちらをクリックしてご確認ください。



 
 ●2021年6月22日 更新
河川敷等の草刈を行いました。

6月中旬〜下旬、組合員(9支部)による河川への進入路や河川敷の駐車スペースとなる場所の草刈を行いました。

組合員はもとより組合員以外の皆様が気持ちよく釣りができるよう毎年行っています。

駐車スペースは自由に使っていただいて結構ですが、駐車による農家の方とのトラブルや

河川でのごみ等は必ず持ち帰るなどマナーを守っていただきますようご協力お願いします。


これからも清流小国川をみんなで守っていきましょう。

草刈の様子1 草刈の様子2



 
 ●2021年6月3日 更新
天然遡上を確認しました!!

6月2日・舟形町富田堰堤で元気に遡上する稚アユの姿が確認されました。

今年は昨年に比べ1週間遅い遡上確認でしたが、元気に遡上するアユの姿が見られ漁協でも安堵する声が上がりました。

6月1日からは、長沢堰堤で遡上調査が行われております。今後も遡上状況を見守る事としています。

今年も、組合長が稚アユの遡上を撮るためにカメラ片手に張り切っております。

良い写真が撮れたらまた皆様にご紹介したいと思います。



 
 ●2021年5月25日 更新
稚アユの放流が始まりました

【稚アユの放流が始まりました】
期間:5月25日(火)〜6月9日(水) 

5月25日からいよいよ稚アユの放流が始まりました。

放流は、6月9日までを目安に小国川37カ所へ4000kgの放流を予定しております。

放流用の稚アユは、3月に鶴岡にある県栽培センターで孵化された仔アユを小国川漁協稚アユセンターへ池入れ飼育し

6g〜7gに成長したアユを小国川へ放流します。7月1日の解禁日には大きく育ち皆さんの期待に応えることが出来ると思っております。

放流箇所につきませては、放流終了後掲載したいと思います。

稚鮎放流の様子1 稚鮎放流の様子2 稚鮎放流の様子3
稚鮎放流の様子です。